×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

退職挨拶文の書き方

退職挨拶文

退職の挨拶文は、退職をする際にきちんと送りましょう。退職挨拶文は、心をこめて丁寧に書きたいものです。退職の挨拶文にはお世話になった人への御礼・今後の連絡先やこれからのことなど伝えておくことがあります。


退職 挨拶文の書き方は、定型文にこだわる必要はありません。退職の年月日・在職中の御礼・連絡先が入っていれば、自分の気持ちをそのまま書いた挨拶文の方がかえって心に留まるように思います。(ただし、将来に不安を感じる内容や愚痴は入れてはいけません。)


大事なのは挨拶文の型ではなく感謝が伝わることです。退職の挨拶文は、退職後数日以内に届くようにしましょう。また、電子メールで退職の挨拶をする人もいらっしゃいますが、退職の挨拶文はできればはがきに書いて送りましょう。電子メールで挨拶文を送る場合、退職当日に送信するといいでしょう。心のこもった挨拶文を送りましょう。

退職 挨拶文の書き方(例文1)

退職の挨拶文を送る場合、勤務していた会社の方々(上司・同僚・部下)、取引先などの業者、友人・知人などによって、退職の挨拶文の文書を変更してもいいでしょう。


■退職挨拶文の例文1⇒一般的な退職の挨拶文の定型です。


謹啓 ○○の候ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。

さて、私こと 去る ○月 ○日をもちまして定年退職いたしました。

在職中は皆様方に公私に亘り、一方ならぬご懇情とご指導を賜り、充実した会社生活を送ることができましたことを心より感謝申し上げます。

これからは第二の人生として健康に留意しながら充実した余生を過ごしたいと思っています。なお、退職に際しましてはご丁重なるお餞別を頂き、厚く御礼申し上げるとともに今後とも変わらぬご交誼を賜りますようお願い申し上げます。


末筆ながら皆様方のご健勝とご活躍を心からお祈りいたし、まずは略儀ながら書中をもってお礼と退職のご挨拶とさせていただきます。敬具

平成○○年○○月○○日【住所】【名前】【電話】

退職 挨拶文の書き方(例文2)

退職 挨拶文の文書として、やわらかい退職 挨拶文の定型がこちらです。退職 挨拶文の文書については、あまり型に囚われないことも大事です。あなたらしい退職挨拶文もまたうれしいものです。


■退職挨拶文の例文2⇒新勤務先入リの退職の挨拶文です。


謹啓 ○○の候皆様には益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。

さて、私こと ○月○日をもって○○○社を円満退社いたしました。振り返ってみますと皆様方の暖かいお力添えで充実した会社生活をおくることができました。過ぎ去った歳月が愛おしく思えるほど、どれもがいい思い出です。

なお、この度 縁がありまして、○○○○社に勤務させていただくことになりました。

また、新たな気持ちで日々励みたいと思っております。今後とも変らぬご交誼をよろしくお願いいたします。

末筆ながら皆様のご健康とご多幸をお祈りいたしまして退職のご挨拶とかえさせていただきます。敬具 

平成○○年○○月○○日【住所】【名前】【電話】

退職の挨拶文は、退職をする際にきちんと送りましょう。退職 挨拶文は心をこめて丁寧に書きたいものです。退職の挨拶文にはお世話になった人への御礼・今後の連絡先やこれからのことなど伝えておくことがあります。

Copyright © 2009 退職 挨拶文の書き方· All Rights Reserved·